top of page
  • 執筆者の写真Takayuki Suzuki

どのようなアサーティブ・コミュニケーションをしていますか?

アサーティブとは、”自己主張”の意味です。

ここで言う自己主張とは、自分の主張を一方的に述べることではなく、

相手を尊重しながら適切な方法で自己表現をすることを指します。


自己主張には3つのパターンがあると言われています。

①アグレッシブ:自分の目的を達成するために他人を傷つけることすら厭わず、自分自身の選択を優先する。

②パッシブ:自分の感情が表れるのを恐れて表現しない。不満や不安を隠しても、他人の選択を優先させる。

③アサーティブ:素直に自分自身の感情を表現し、置かれている状況の中で、最善の方法を自分で選ぶ。


私の場合は、20代はパッシブ、30代はアグレッシブでした。

事業会社にいた20代の頃は、会議では何も話すことができず、コンサルに転職した30代になって、

「会議で喋らないお前に価値はない」と北斗の拳のように上司に死刑宣告されて、やっと変わることができました。


自己主張のタイプがアグレッシブになったらなったで、メンバーから以下の指摘を受けました。

「鈴木さんはメンバーに選択肢を与えているつもりですけど、逃げ道がなくて、選択肢が1つしかないです」と。


自己主張の方法に正解はないと思いますが、目的を達成するためのバリュエーションが多いことにこしたことはないと思います。



閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page