top of page
  • 執筆者の写真Takayuki Suzuki

自分が周囲に与えている影響を把握していますか?

組織という枠組みで働いている以上、誰しもが周囲に多かれ少なかれ影響を与えています。


ポジティブな感情は、チームの雰囲気を明るくし、アウトプットも良くなります。

「幸せな社員は、不幸せな社員よりも創造性が3倍になり、生産性は31%高い」というアメリカの心理学の研究結果もあります。


逆に、ネガティブな感情もチームに伝播します。

それも、ポジティブな感情よりも速く・強く伝播します。

怒りや悲しみと言ったわかりやすい感情だけでなく、声のトーンやちょっとした言葉の言い回しなど。


恐ろしいのは、自分がそんなつもりで言っていないのに、周囲には曲解されてしまうことです。

特に、周囲があなたに対してレッテルを貼っている場合には、その曲解が増幅されてしまいます。


だから、リーダーのあなたには、いつも”機嫌よくいること”が求められます。

機嫌が良いだけで、チームの生産性があがるなら、これほどROI(投資対効果)が高い施策はありません。



閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page